タカラヅカ・スカイ・ステージのある生活

こんにちは、管理人のちゃび(@zukamoku)です。

宝塚歌劇専門チャンネル、タカラヅカ・スカイ・ステージ(以下スカステ)に加入してはや1年…主人とふたりして

スカステ最高~((((oノ´3`)ノ

と、すっかりスカステ信者になりました。子育て中、共働きの我が家は公演期間中も1、2回程度しか足を運べないライトファン。おまけに東京や他都市への遠征など夢のまた夢…そんな我らの強い味方こそタカラヅカ・スカイ・ステージ!

スカステはCSの衛星チャンネルのため、視聴にはスカパーなど各種契約が必要です。私も以前よりその存在は知っていたものの、やはり家庭内の固定費をあげることに躊躇したのですが…よくよく検討してみるとそんなに高くなかったのです!

※ 1chから加入でき、尚且つスカパーは2017年10月より加入料がなくなりました。

スカパー基本料421円+チャンネル料2,700円、合わせても3,000円弱。月1回家族で外食我慢すれば捻出できる金額だし、何も迷うことなかった(TT)

うちはマンションで元から衛星放送が見れる環境だった為、初期工事がありませんでした。戸建てや衛星が見られない環境だと初期工事からなので最初は少し高くつくかも。

2019.01.02 再編集

しかも、2018年秋からハイビジョン放送になりました!最近はNHKも4Kどころか8Kで収録したりとどんどん高画質化が進んでいて有難い…(後ろの下級生までばっちり見える)今まで画質の差でBlu-rayを購入していた層も評判によってはスカステに乗り換えるかもしれませんね!HD放送素晴らしいです。

2018年10月1日(月)より視聴料金が2,500円/月(2,700円/月 税込)から2,700円/月(2,916円/月 税込)へ変更になりました。

で、この月々3,000円弱で何が見られるかといいますと〜

①舞台映像

近年公演したものからバウホール作品、貴重なスターの新人公演、こんな古い作品知ってる出演者おらへんわ!的な(中古市場にもVHSが出回ってないような)すごーい過去作まで放送してくれます。また、スカステ用の収録は東京千秋楽の為、退団者のサヨナラショーや退団挨拶もチェックできちゃいます。

そして、私みたいなライトファンにとってありがたいのが再演や役替わり公演の放送です。

例えばですが、初回公演を東京(国際フォーラムとか)で興行、翌年大阪(梅芸)で再演となると大概は初回公演がDVD化されて翌年やった再演は映像化されません。

同じ作品でも配役が微妙に違っていたり、再演だとやはり演者に余裕も生まれてアドリブや役作りがパワーアップしていることが多いのでぜひとも見たいのですが。そんな円盤では映像化されないであろう再演作品もカバーしてくれるのがスカステのいい所。そうそう劇場に足を運ぶ機会がないライトファンであればあるほどありがたいシステムです。

また、現在公演中の作品や近日公演予定の演目をより楽しめるよう再演の場合は過去作を、新作の場合も関連作品を流してくれたります。トップお披露目や退団があると、そのトップさんが出演してきた作品を一挙放送してくれますよ~。

バウ公演やディナーショー、新公を観に行けないライトファン(同士)達よ!今はスカステがあるぞー^^

②オリジナル番組

もうひとつの魅力は何といってもスカイステージのオリジナル番組!

舞台を離れたスターの魅力や個性を感じることができる、「TAKARAZUKA CAFE BREAK」「Young+(プラス)」「Brilliant Dreas(略してブリドリ)」「LOCK ON!スター徹底検証ー」「スカイ・ステージ・トークリクエストDX」などなど…

作品関連の番組もたくさんありあす。上演中の作品について出演者が語る「ぽっぷ あっぷ Time」、主要キャストによるトークと公演へ向けての期待が高まるお稽古場映像を流してくれる「NOW ON STAGE」

中でも「ステージ・ドア」は普段お目にかかることのない裏方さんのお話が聞けます。我が家はこの番組が大ーーー好き!

どういった配線で効果的に電圧いっぱいまで電飾を繋げるか迷う大道具さん、演出家の無茶振りに愚痴にも聞こえる苦労話を展開する振付家の先生、楽曲に込めた思いなど裏方の人たちの舞台や役者に対する愛が伝わる素晴らしい番組です。

私はこの番組を見ていて㈱宝塚舞台を知りました。こちらの会社は阪急電鉄の舞台を管轄する部門が1998年に独立するかたちで子会社化したそうです。劇場スタッフの募集もやってるぅーーー!働きたい…

ちょっと色物なら…スターのペット紹介をする「ワンにゃんパラダイス」や宝塚歌劇オーケストラの奏者や指揮者の先生をお呼びしてお話を聞く「夢のオケピット」(←こちら放送終了…泣)もおすすめですね。

③情報番組

タカラヅカニュースでは月~金まで毎日宝塚関連の最新ニュースをお届け!(土日は総集編)

1日に7:00/12:00/17:00/22:00の4回も放送してくれるのでちょっとくらい見逃しても大丈夫ですw

初日や千秋楽の映像をどこよりも早く見られますし、スカステオリジナル収録の稽古場映像も必見!

オリジナル番組よりももっとフランクにジェンヌさん達の姿が楽しめるとってもゆるーいニュース番組^^

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

各番組とも録画可能回数は1回限りです。我が家では必要な番組はダビング用とHDD保存用と(余裕があれば予備にもう1回)複数録画します。編集時に誤操作で必要なキャプチャーを消したことがありましてね(^^;

※ ちなみにレコーダーから外付けHDDへのデータ移行はダビング扱いにならずノーカンでした。

番組表を入手しよう

ネットならスカステHPから番組表が見られます。個人的には週間番組表表示が見やすいです。

でも、一番見やすいのはやっぱり紙印刷の冊子(古いタイプの人間なもので…)馬券を選ぶおじさんの如く真剣な表情で番組表に丸を付けて録画番組をチェックします。

この番組表が載っているフリーペーパー「TCA PRESS」は阪急沿線の駅前にあるBook 1st(本屋)や北は北海道から南は鹿児島まで各都市にも設置場所があります。詳しくはこちら。毎月15日発行です。

遠方でおいそれと劇場へいけない、子育てや介護中で…など生で観劇できない人もスカステさえあれば息つく暇も無いくらい宝塚漬けの毎日になりますよ。

まだ、加入していない方もスカパー無料の日を利用してスカステ視聴をしてみましょう ^^ 

スカステ生活…おすすめです!

それでは今回はこの辺で…

さよ~な~ら~│´ω`)ノ

ABOUTこの記事をかいた人

ちゃび

宝塚と百合を愛するサラリーメン。初観劇は2014年「宝塚をどり、明日への指針―センチュリー号の航海日誌ー、TAKARAZUKA 花詩集100!! 」時々twitterやらpixivでお絵描きもしています。ゆるーい観劇ライフを推奨していく所存。